母の日 広告と部類

現在有効なチラシはありません

母の日 - 小売店

「母の日」(Mother’s Day)

「母の日」は、母親の日頃の苦労を敬い、感謝の気持ちを表す日であり、カーネーションを贈るのが一般的です。日本の「母の日」はアメリカから伝わりました。1905年5月9日、アメリカのフィラデルフィアに住む少女「アンナ・ジャービス」が母の死をきっかけに、「生きている間に、お母さんに感謝の気持ちを伝える機会を設けるべきだ」と働きかけたのが始まりです。日本で最初に「母の日」が行われたのは、明治時代末期です。大正時代になると、キリスト教会や日曜学校で広がり、大正時代の終わりには、婦人矯風会が「母の日」を提唱し、戦後広がりました。昭和になると大日本連合婦人会が結成されたのを契機に、皇后の誕生日の3月6日を「母の日」と定めました。当時の母の日はそれほど国民には定着していませんでしたが、1973年にお菓子メーカーである森永製菓が「森永母の日大会」と称して大々的な告知を行い広めたことで、全国に認知されました。現在の5月の第二週に行われるようになったのは、戦後の1949年頃からです。


「母の日」のオファー

各百貨店や通販サイト業務スーパー,ドン・キホーテ,カインズ,イオンでは、「母の日」ギフト商戦が繰り広げられます。最近はフラワーギフトだけでなく、スウィーツとのセットなど商材ラインアップが広がっています。


「母の日」ショッピング

スーパーやショッピングモールhttps://my-chirashi.jpなどの地域密着型の業種では、子供が書いたお母さんの絵の展示会を催したり、他にもイベントが行われています。

最新のチラシ