クリスマス - 小売店

現在のチラシ

現在有効なチラシはありません

クリスマス

日本のクリスマスの起源は、1552年に山口県に来日したキリスト教の宣教師のフランシスコ・ザビエルが、信徒を集めて、12月24日にミサを行ったことが始まりとされる。1612年に江戸幕府が禁止令を発令し、クリスマスは姿を消すが、1873年に禁止令が解かれると、復活する。1904年、銀座・明治屋がクリスマス・ツリーを店頭に飾り、1910年には、不二家がクリスマス・デコレーションケーキを販売した。クリスマスにケーキを食べるのは、日本独特の習慣で、いちごのケーキを食べるのは、お菓子メーカーの不二家が商業的に考案したものである。米国では、クリスマスに七面鳥(ターキー)を食べるが、日本では、チキンを食べる。最近ではケンタッキーフライドチキンやコンビニから調達する傾向がある。日本では、クリスマスは恋人同士で、ロマンチックに過ごすというイメージがあり、欧米の家族で過ごすというイメージとは異なる。

 

クリスマス・オファー

12月になるとデパートはクリスマス商戦を開始する。東京の大手デパートは、業務スーパー、 ドン・キホーテ、 イオン  などがある。各デパートは、クリスマス・ギフトのカタログを発行し、クリスマス・デコレーション・ケーキの予約販売をする。クリスマス・ギフトは、クリスマス・ツリーの下に並べるのは、欧米と同じで、また子供たちは枕元にギフトを置いてもらう。

 

クリスマス・ショッピング

毎年冬が訪れると、街はイルミネーション装飾で彩どられる。最近はLED電灯である。イルミネーションには、https://my-chirashi.jp を参考のこと。多くの商店やショッピング・センターでは、ツリーやディスプレーが設置され、非日常的な買い物経験を満喫できる。クリスマスの経済効果は, オリンピックの予算と同じ額の、7,000億であり、デパートとお店はクリスマス商戦に力を入れる。