バレンタインデー - 小売店

現在のチラシ

現在有効なチラシはありません

バレンタインデー - 小売店

バレンタインデー

日本のバレンタインデーは、1950年代後半になってから始まりました。1958年2月、メリーチョコレート会社は、新宿伊勢丹の売り場で「バレンタイデー・セール」を行いました。また、森永製菓やソニープラザも、チョコレートの販売を始めました。ただ当初は上手くいきませんでした。1970年代前半になると、バレンタインデーにチョコレートを贈る習慣が、小学校高学年から高校生の間に広まりました。その後、1980年代後半には主婦層にまで広がりました。小売り業界の積極的なマーケティングによって、日本ではバレンタインデーが広がったんです。「愛の日」であるバレンタインデーは、当初、日本では「夫婦の日」であり、チョコレートを添えて、メッセージを贈る日とされていました。ところが、1970年代後半に、「女子が男子にチョコレートを贈る」という日本型バレンタインデーが定着すると、1980年代には、「恋愛感情がない男性に女性が、日頃の感謝の気持ちをこめてチョコレートを贈る」義理チョコと、バレンタインデーのお返しに男性が女性に贈り物を贈るという習慣であるホワイトデーが登場しました。バレンタインデーやハロウィンは、本来の宗教的な意味は薄まり、クリスマスと同じく、「誰でもが楽しめるイベント」になったのです。

バレンタイン・オファー

多くの百貨店ドン・キホーテイオンでは、特設売り場が設けられ、メイン購入者の女性はこの数年、自分へのご褒美として高級チョコレートやコスメを購入する傾向があり、女性向け仕様の限定商品で各ブランドは差別化を図っています。男性客がメインのコンビニではホワートデーには、男性はコンビニで商品を購入する人が多く、バレンタインデーよりも売り上げが多いそうです。

バレンタイン・ショッピング

各百貨店やオンライン通販 マイチラシ では、バレンタイン・セールを実施し、各スーパーやショッピングモールでは、この期間、ポイントを普段より多く発行するなどして、バレンタインフェアを行い、売り上げを伸ばしています。

 

最も人気があるチラシ